読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砂内の考察と黄昏ブログ

砂内が色々と思った事を書き連ねていくブログです。

臆病な人が持つ恐怖遺伝子

はじめましてsunautiです。この記事は当ブログでの初記事となります。

社会不安障害や対人恐怖症、自閉症緘黙症などの分野や、他にも自分が気になると思ったことについて深く掘り下げていきたいと思っています。

恐怖遺伝子については、以前からどうしても書きたいと思っていたので、今回書くことにしました。
 
【日本人は恐怖遺伝子を持つ人の割合が97%】

f:id:sunauti:20161118212439j:plain

 
これはつまり日本にはおとなしい人が多いということですね。
自分もそうなので、デメリットももちろんあるのは分かりますが...
メリットもたくさんあるように思えます。
 
日本と世界の治安を比べればわかるように、「臆病であること」は日本人の犯罪の抑止力にもなってるんじゃないかと。
 
悪い事をしたら逮捕されるというごく当たり前の認識が、臆病で慎重な日本人の遺伝子にはもともと根付いているんじゃないでしょうか。
 
もちろん、育った環境により、その認識が全くない人もいますが。
 
恐怖遺伝子の少ない、この図の他の国よりも日本の治安がいいことには間違いありません。
 
恐怖遺伝子を持つ割合の高い東アジア人の平均は90%。日本は97%ですから、世界一、恐怖遺伝子を持っている人の割合が多いと言えるでしょう。
 
日本人よりも恐怖遺伝子を持っている国がないとするなら、日本はこの恐怖遺伝子のおかげでここまで発達したんじゃないでしょうか。
 
ここからは個人的な考えですが、
恐怖遺伝子が、個人の犯罪の抑止力になることで、それに割かれる時間や費用は少なくなる。
 
また、
恐怖遺伝子があることで、警戒心が強くなり、警備を厳重にすることができる。
 
恐怖遺伝子があることで、
先のことを予想して策を練り準備しておくことができる。
 
日本人には恐怖遺伝子が多いなんて聞いたら、初めて聞く人からしてみればイメージが悪いような気がするかもしれませんが、僕はそんなことは思いません。
 
f:id:sunauti:20161119024427j:plain
 
日本の諺にもあるように、日本人はそれだけ「転ばぬ先の杖」を作っておける民族なのだと。
 
それってつまりは、先見の明がある人が多いってことですよね。
これは技術国であることを考えれば、最大の長所ととらえなくては、勿体無いです。
 
転ばないために用意した杖は、いい意味で自分を守るための「武器」なのです。
誰かを傷付けるための武器とは違うのです。
 
日本には火山が多く地震が多いわけですが、震災からの復旧がとても早い事で、外国から度々称賛を受けますよね。
 
これは普段からこの「杖」を「準備しているからこそ」出来ることなのです。
 
攻撃は最大の防御という言葉があります。
日本という国の強みはこの辺りにあるんではないか...、そう思います。
 
 

◆───-- - - - -    -    -    -    - - - – --───◆
ブログランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると励みになります。
 ↓

Twitterはあんまり呟かないと思いますが@papaparksandです。